2018年「働きがいのある会社」ベストカンパニーに、 ~主体性と多様性を実現する組織づくり~で3年連続選出されました。

ライフステージは、世界約50カ国で展開している世界最大級の意識調査機関Great Place to Work(R)の2018年「日本における働きがいのある会社」ランキング(従業員25~99人の部)において、ベストカンパニーに選出されました。

当社では社員の「働きやすさ」や「満足度」を追求し、自主性や多様性を促す取り組みを展開しております。

当社がベストカンパニーに選ばれるのは、2016年・2017年に引き続いて3年連続となります。

 

 

「働きがいのある会社」ランキングとは

「働きがいのある会社」ランキングは、世界50カ国以上で「働きがい」に関する調査・分析を行っている専門機関 Great Place to Work® により算出されているランキングです。
調査において一定水準以上に達している企業を各国の有力メディアで発表しており、日本では2007年より毎年日経ビジネス誌および日経ビジネスオンラインにおいて発表されています。
本調査は企業へのアンケートと従業員へのアンケートの2つにより分析していますが、従業員アンケートが評点の3分の2を占めており、「従業員目線のランキング」であることが大きな特徴です。

 

 

「働きがい」を高めるための取り組み

当社は1996年設立の住宅会社です。
現在、設立23年目にして従業員数約70名に拡大し、倉敷をはじめ、東京・名古屋へ支店展開するなど成長を続けています。

経営理念の「五方良し:お客様、業者様、社員、家族、会社すべて良し」には、社員が物心ともに豊かに、自己実現できる場を提供できるような職場環境を整え、家族には経済的な安定と、仕事への誇りを伝えることができるように。そんな願いが込められています。

その理念のもと、従業員の「働きがい」を高めるために取り組んでいる代表的な施策をご紹介します。

 

 

活躍できるイメージが持てるか、会社とのマッチングを重視した採用

「理念型採用」により、①ライフステージでのビジョンを描き、働く意味を考える ②理念を共有する ③社員と触れ合う機会を多くとる という3つの実践型採用を計画し、働いているイメージを強くもてる内容で構成しています。

また、ただ単にその場での求める人物像ではなく、活躍する人物のイメージから導き出した3つの軸をもとに採用活動をしています。

  ●求める人物像
  誠実さ・・素直に物事を受け止められる力
  活動意欲・・・考えてスピーディーに動ける力
  執着力・・・粘り強く達成にこだわる力

 

 

自己成長を促す組織づくり

私たちの目指す人材育成とは、以下のようにとらえています。

「社員に必要な情報を会社が提供することで、各社員の価値を高め会社・社会の役に立つ。それによって自信を持った社員の挑戦が、仕事・会社・自分・商品に対する自信になり、お客様に最高のサービスの提供を図ることができ、それが本人の価値・会社の付加価値につながる。」

 

●3ヶ月スパンでの組織改編

最少人数(3名~5名)のチームで、目的・目標を設定し、達成に向けて取り組むユニットチーム制度を採用し、2018年で18人のリーダーを選出。
3か月という短いスパンで各チームの達成度から人事評価を行うことで、リーダーから更に上の役職者へと成長を促す。

●内定者研修

社会人の基礎となる、「顧客心理推察力」「社会人として求められるコミュニケーション力」「目標達成・やりきる力」3つの軸に基づいた考え方を提供する。
・全部署合同研修・・・3カ月に1回
・配属部署研修・・・月に1回

 

多様な「働きがい」を支援する体制づくり

休暇、パートタイムなどの時短勤務は臨機応変に対応しており、小さなお子様・出産・通院・自然災害などの都合があるメンバーも、柔軟な働き方を選ぶことができます。また、勤続3年以上の社員にはリフレッシュ休暇(1週間)を付与しています。

 

ページトップへ