スタッフブログ



日本一輝く笑顔の家づくりアドバイザーの小寺摂子です(*^-^*)

もう10月になるんですね

年々、1年が早いです



家から歩いてスーパーに行く途中に

小学校の頃から大きかった銀杏の樹が立っています

推定樹齢約400年 

通称 遍照寺の枝垂銀杏(へんじょうじのしだれいちょう)

もともとは笠岡の駅前にあった遍照寺の

多宝塔の建立記念樹として慶長11年(1606年)に

植えられたそうです

遍照寺は区画整理で別の場所に移されたのですが、

多宝塔と枝垂銀杏が元の場所に今も立っています



毎年たくさんの銀杏を実らせており、

秋の風物詩となっています



下から見上げるような大きな樹に

たわわに実る銀杏の実を眺めていると

永く大きく成長すること

いつもそこに存在するという安心感に

ふんわりと包まれたような気がしました

お近くにお寄りの際には一度見にいらしてください♪


記事一覧|2016年9月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ