スタッフブログ

 

これは、事務所の西側の窓の写真なのですが

ちょうど、西日がたっぷり差し込む夕方の時間に撮影しました。

 

「凄くまぶしい、そしてかなり暑い」

やはり、西日は強烈です!

 

本当は、建物の西側には大きな窓をとるべきではないのですが、

西側が事務所のメインの顔になるということで、

デザインを重視しているので、大きな窓をとっています。

 

ただ、このままだと仕事が手につかないので

こんな工夫を・・・

  

このように

外付けのブラインドで西日を遮ることで

かなり日差しがカットされ快適になりました。

 

パッシブデザインの考え方で

実際に家を建てるときには、

できるだけ西日は取り入れないように

必要最低限の窓に抑えるのが原則ですが、

 

「西側に大きな窓をとった方がオシャレに見える」

「西側の景色がすごくいい」

など、どうしても西側に窓をとりたい場合は、

こういったブラインドなどの工夫をすることで

大きな窓をとりながら快適に暮らせることが可能になります!

 

ただ、室内のブラインドだと窓から熱が入ってくるため

日差しは遮れても、室内の温度は上がってしまうかもしれません。

 

太陽の光と自然の風を効率よく、有効に活用する。

これが快適な暮らしを送るための、ポイントの一つです。

 

 

 

 

記事一覧|2015年9月

ページトップへ