スタッフブログ

以前、読んだ本で、
ある方の、教育哲学に触れる機会がありました。

その方は、

自分の子供が、
「大学に行きたい。」と、言ったら、

「うちは、お金がないから、授業料は半分しか出せないよ。
半分は、自分でアルバイトをして払うんなら、行ってもいいよ。」

と、言うと決めているそうです。



それでも

「行きたい。」と、子供が言ったら、
「頑張ってこい。」と、言う。


そして

無事、卒業の日を迎えたら、
授業料の半分にあたるお金を

「これを社会に出てから、自己投資に使いなさい。」
と、渡すんだとか。。。



このお話。

個人的に、とても印象に残ったので、
お客様とライフプランの話をするとき、
お伝えすることがあります。



子育てだけではないですが、

『何が正しいのか?』

その答えは、あるようでないことが多いようです。



だからこそ

人の『哲学』に触れたとき、
なんかいいなって、思うのかもしれないですし、

色んな方との出会いは、
そこが魅力なのかもしれません。



相田みつをさんも

『その時の出逢いが
人生を根底から変えることがある
良き出逢いを』

こんな言葉を残されていますもんね。



『出逢い』を大切に。



そうありたいものです。

記事一覧|2013年4月

ページトップへ