平屋の家ってどうなの?

家づくりのこと

川本 侑美

こんにちは!
マーケティングチームの川本です☻

皆様、令和最初の年末年始はいかがでしたか?
家族や親せきで集まったり、友達と過ごしたり、、、、
良い年越しを迎えられたのであれば幸いです♪

私はこの年末年始、スノーボードをしてきました!

スノボ

岡山県新見市にある「いぶきの里」です。
見ていただけたらわかる通り、雪がほとんどありません!(笑)

この日は人口雪でスキー場は稼働していたのですが、いろんなコースを滑りたい方にとっては、まだシーズンは先のようですね…。
程よく滑走して、ゆっくり温泉に入って帰りました♪

2月、スノーボードのリベンジが楽しみですッ✨


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

さて、今回は最近人気の平屋のメリットやデメリットについてお話します。

*そもそもなぜ人気なのか・・・?
「一戸建て」と言えば2階建てを連想する方が多いかと思いますが、1世帯で、さらに少人数の家族で暮らす家庭が増えている現代ではお洒落な平屋を希望する人が増えているのです。

しかし、2階建てや3階建てと平屋ではどちらがいいのでしょうか?
平屋に着目して良し悪しを比較してみましょう☻

平屋


【平屋のメリット】

*日々の生活の中で、家族との距離が近い
フロアがすべての部屋で同じになるので、顔を合わせる機会も多くなります。

*階段のスペースや費用がかからない
階段には意外とスペースや時間がかかります。
階段に必要な空間、コストを書斎にしたり、収納空間にしたりと使い方の幅が広がります。

*建物としての安全性が高くなる
地震などが起きたときに、階数が高いと不安定になります。
地震が発生しやすい日本では、耐震性を考えることは長く住むためには大切なことです。
平屋は重量が軽くなるので、耐震性も高いのです。

*老後も安心できる暮らしを
老後、階段を楽らく登れるとは限りません。
洗濯物干しや寝室が2階にあると、生活が困難になる可能性も考えられます。
階段がないので、バリアフリーで快適な暮らしを送ることができます。


【平屋のデメリット】

*部屋数や広さにあわせた広い土地のが必要
部屋数が多くほしいとお考えの場合、それに合わせた土地の広さが必要です。
さらに基礎のスペースも広がるので、その分のコストがかかります。

*家族間のプラベートの空間をつくるのが難しい
家族間のコミュニケーションがとりやすい分、お互いにプライベートの空間をつくるのが難しくなります。
 

*日当たりの確保が難しい
部屋の中心部には窓が設けられない為、窓がない空間ができてしまうと日光が入りにくいです。

 

いかがでしょうか?
平屋はとても魅力的なお家ですが、実際に見て、メリットやデメリットを確認してみるのも家づくりを考える上ではいいかもしれませんね(*^^*)


1/25(土)26(日)に平屋の見学会が予定されておりますので、ぜひお時間があれば見学してみてください(^^♪


見学会

詳細はこちらに添付しております▼
平屋の見学会についてはこちらをご確認ください。


ここまで読んで下さり、ありがとうございました!


 

Next Contents