【004】理想の住まいHEPについて③

家づくりのこと

竹内 沙耶香

皆さんこんにちは!

最近夜涼しくなってきたのでジョギングをするようになりました!竹内です!

今日は最終回、「HEP」要素の最後の一つ、「PASSIVE DESIGN(自然との調和)」についてお話します。

 

そもそもパッシブデザインって何だ、、、?

 

という感じですよね! パッシブデザインとは「お家を自然とうまく共存させる」という意味なんです。

自然と共存するとは、、、?

‘’

ますます言ってる事が難しくなってきましたね(^^;

もっと簡単にお伝えすると

 

・電気を付けなくても太陽光だけで日中は明るく過ごせるような間取り設計をする。

・窓を風の流れる向きに合わせて設置する事で、自然の風だけで、涼しさを感じる。

 

など、太陽光や風などの「自然エネルギー」をうまく活用して快適な住まいづくりをしようという設計思想がこの「PASSIVE DESIGN」なんです。

お分かりいただけましたか?

 

ナチュラルハウスではこの「PASSIVE DESIGN」を取り入れた設計を行っています。

◆夏と冬の太陽の位置の違いを考慮した開口部(窓や庇)

◆土地の形状だけでなく方角に合わせた建物設計

◆近隣の建物を考慮した日当たりシュミレーションによるリビングや居室の間取り計画 

などなど、、、、

 

ただ健康な家を建てるだけではなく、より快適に過ごすことが出来るようになるんです!

あまり皆さんに意識されない窓の位置なども、ナチュラルハウスでは、「どうしてこの位置にこの種類の窓を付けるのがいいのか?」という部分まで細かく説明しながら設計していきます!

お家を自然のエネルギーとうまく付き合わせていく事で快適に暮らせる且つ、無駄な電気代を節約できて、一石二鳥ですね!

皆さんにもこの「PASSIVE DESIGN」を意識してみてはいかがでしょうか??

‘’

 

そして、数回に分けてご紹介させていただいた「HEP」について、皆さんご理解いただけましたでしょうか??

この「健康」「省エネ」「自然との調和」のバランスをうまく取り入れたお家こそ、ナチュラルハウスの理想とする住まいなんです!素敵ですよね!

このブログを読んでくださっている皆さんの中で、この「HEP」の考え方に共感を持って下さる方がいてくださればうれしいです!

是非、家づくりを検討されている方がいらっしゃれば、ナチュラルハウスにお気軽に家づくりの相談にお越しくださいね!

それでは次回、またお会いしましょう!★

Next Contents