3月末になりました

お金のこと

小寺 摂子

桜の開花はまだですが、春らしくあちらこちらで花が咲いていますね♪
日本で一番輝く笑顔の家づくりアドバイザーの小寺摂子です♪

イメージ


消費税増税まであと約半年
8%への増税の時とは違ってバタバタをした感じがしないのですが、それでも、8%で建てれたらいいなと思われている方も多いと思います。

8%で建てる目安のひとつが「3月31日までの工事請負契約を交わすこと」
今から家づくりスタートされる場合は、31日に契約するのは現実的ではないように思います。
ただ、「9月30日までに家を取得すれば8%の消費税!」になります。

この場合、「すでにある家を購入する」=「建売」「中古住宅」「マンション」などでしょうか?
9月末までに新築工事が完了すれば、間に合うかもしれませんね

これから家づくりを検討される方は、10%になったらどんな優遇制度があるのかを把握しておくことも大切かなと思います。

住宅購入に関する優遇制度は「住宅ローン控除」「住宅取得等資金贈与の特例」「すまい給付金」があります。
「住宅ローン控除」は10年が13年に延長して残高の1%まで納税した税金が控除されます。


「住宅取得等資金贈与の特例」は、増税前における贈与金の非課税枠は700万円~1,200万円でした。
増税後2019年4月1日から2020年3月31日までは2,500万円~3,000万円に枠が拡大されます。

「すまい給付金」は住宅ローン返済の負担を軽減するために設けられた制度です。
決められた収入額があるなど条件を満たせば給付金を受けることができるのですが、消費税8%のときは、収入額の上限は510万円です。
10%に増税した場合は775万円に引き上げられます。

それぞれのご家庭で増税前後でのメリットが異なると思います。
気になる場合は、いつでもお声掛けください(*^-^*)/
 

Next Contents