ページトップへ

失敗しない家づくりのために

POINT

注文住宅を建てるにあたって、家の基本性能について建築会社がどのような考えをもっているかを知ることもとても重要です。
ここでは特にナチュラルハウスの「健康(Health)」「省エネ(Ecology)」「自然との調和(Passive design)」に基づいた「断熱」と「窓」の関係についてご紹介します。

 

 

断熱性・遮熱対策に優れた窓の採用

電気やガス、石油などのいわゆる「ハイエネルギー」をたくさん使って物事を解決するという発想の限界が見えてきた現代。これからは太陽や風など、身近な自然に存在する「ローエネルギー」をいかに利用して、快適に過ごすかということに注目が集まっています。

夏涼しく、冬暖かく過ごすために…窓の断熱・遮熱対策が大切です
夏 涼しく 冬 暖かく

窓の開け閉めで光と風の通り道をつくり、快適を調節することが大切です
光と風の通り道

 

光と風を活かす住まい

優しい光が差し込み、さわやかな風が流れる家の基本は「光の入り口・通り道」と「風の入り口・通り道・出口」があること。窓を通じて自然のエネルギーを最大限に取り入れることで、エアコンや電気に頼らなくても快適に過ごせます。
ナチュラルハウスでは、すべての家にこのような「パッシブデザイン」の考え方を取り入れています。

光と風を活かす住まい

日本の伝統的な住まいづくりにも「パッシブデザイン」のヒントがたくさんあります。
例えば「 京町屋」は自然を取り入れる知恵に富んでいます。

  • 細長い通り庭は風の通り道としての役割を。
  • 火袋の天窓は煙を出し、優しい光を部屋の奥まで導く役割を担っています。
  • 坪庭にも採光と通風を良くする工夫がされています。
  • 簾(すだれ)は日光を避けながら風を通す工夫です。
  • 夏の直射日光や外部の目線を遮るとともに、竹の隙間からやさしい光と涼しげな風を部屋に取り入れます。

2015年に完成したナチュラルハウスの新社屋にも「京町屋」からヒントを得た「パッシブデザイン」がたくさん採用されています! 社屋見学を随時行っています。パッシブデザインについて詳しく知りたい方は、ぜひお気軽にお越しくださいね。

ナチュラルハウス社屋360°バーチャル展示場

 

パッシブデザインな暮らし

パッシブデザインな暮らし

パッシブデザインな暮らし気持ちの良い季節には外気を取り入れて風を感じる暮しを楽しみましょう。
夏の室内にこもった熱は効果的に外に出したいもの。
風の入り口と出口をつくって、風の通り道を確保することが大切なポイントですね。

地域や場所によっても風向きは異なります。
自然をうまく利用して風の入り口と出口を家の中に設けましょう。

建物内の気流は、低い位置から高い位置へと移動します。高い場所に風の出口をつくることで、自然な風の流れを生み出すことができます。

また、風の入り口には植物などを植えて木陰などを利用してみるのもいいでしょう。地表温度を下げ、湿度の低い風を取り込む効果が期待できます。

 

高断熱な窓の利用

断熱性を高める窓が開発されています

樹脂窓
一般的な窓の多くはアルミでできていますが、より高い断熱性を実現するために、アルミよりも熱を伝えにくい「樹脂」を使った窓があります。
ガラス
2枚のガラスの間の空気層で断熱する複層ガラスや、金属膜のコーティングでさらに熱を伝わりにくくしたLow-E複層ガラス(断熱タイプ)が主流になってきました。

日射熱を遮る窓の違いをお確かめください!

Low-E複層ガラス
金属膜のコーティングで外からの熱を伝わりにくくしたLow-E複層ガラス(遮熱タイプ)は特に東西面の窓におすすめです。
ナチュラルハウスのモデルハウスや見学会ではLow-E複層ガラスを実装した窓を体感いただくことができます。詳しくはスタッフまでお尋ねくださいね。
Low-E複層ガラス Low-E複層ガラス

夏には日射熱の侵入を防ぎ、冬には冷たい外気から住まいを守る役割をしている窓。
近年窓の性能がUPし、高断熱な窓が開発されています。
一年を通して心地よい室温を保つ工夫に役立つため、ナチュラルハウスでは「窓の性能」を活かした家づくりを進めています。

気化熱と結露

性能だけじゃない!注目される窓辺の工夫

打ち水効果
打ち水効果窓辺のエクステリアに保水効果のある素材を使えば、窓辺の打ち水効果で、心地よい風を誘うことができます。
間取りや敷地に合せてさまざまな対策を!

断熱窓+収納式のシェード断熱窓+収納式のシェード
住まいのエネルギー効率をアップしながら、季節に応じた日差しの取り入れ方をかんたんにコントロールできます。

断熱窓+スリット付きシャッター断熱窓+スリット付きシャッター
窓を開けたままでも防犯に配慮でき、スリットの開け閉めで採光や通風を自在に調節可能です。

結露を抑える窓辺の工夫

窓辺の断熱性
窓辺の断熱性窓に結露が起こる原因は、室温と冷された物体の温度の差にあります。
窓の断熱性を高めることで、結露の発生を抑えることができます。

断熱性の高い窓なら暖房熱が逃げ出すのを防ぎ、結露の発生も抑えてくれます。
また、外気の影響も受けにくく、窓の表面温度の変化が少なくなります。

室温と窓の表面温度の差を小さくすることで窓辺の結露を抑制し、窓に触れたカーテンが濡れたり、額縁や床にたまった水分がホコリを吸着してしまう不快な汚れも防いでくれますよ。
東西南北で考えよう! 快適な住まい

快適な住まい

【東】

ダイニング
ダイニング朝の光で、気分もフレッシュ
東側にダイニングがある場合は、朝の光をたっぷり取り入れる工夫をしましょう。
アウタールーフなら、サンルームのような開放感あふれる空間を楽しむことができます。
玄関
玄関湿気のこもりを、換気でスッキリ
通風窓がない玄関は、湿気や熱がこもりやすくなります。
窓を上下に設置した、重力換気の利用や、通風できる玄関ドアの採用で、スッキリ快適になります。 
POINT

東面は、朝のさわやかな光と風を取り入れやすい空間です。

上手に採光・採風できるよう、窓の種類や配置を考えましょう。

夏は朝から日差しが強いので、Low-E複層ガラスの窓がおすすめ。


 

【西】

子供部屋・寝室
子供部屋・寝室風が吹いているのに、窓を開けても入ってこない。
そんな場合でも、ウインドキャッチ連窓なら、採風が可能。
涼しい夜風を取り入れるのにも最適です。
和室
和室西側に窓のある部屋は、西日対策をしっかりと。
シェードやルーバーなど、窓の外側で日差しを遮るのが効果的。
和室の畳や家具の日焼けも防げます。
POINT

強い西日を遮り、夕べを心地よく過ごす。

西日は太陽高度が低く、軒や庇では遮ることができません。

日射遮蔽型のLow-E複層ガラスなら、日射熱をカットできます。

シェードやルーバーなど、窓の外側での日射遮蔽が効果的です。


 

【南】

リビング
リビングLow-E複層ガラスの大きな窓とオープンルーバーで、光を取り入れながら、窓の外側で強い日差しをカット。
季節の光や風を感じながら、心地よく暮らせます。

南面のリビングなど、窓が大きいと熱の出入りも多くなります。

Low-E複層ガラスを装備した樹脂窓などで、しっかり断熱対策を。

シェードで日差しを調整し、ルーバーで風を取り入れて快適に。


 

【北】

寝室
寝室北側の暗くなりがちな部屋や窓が大きくできない空間でも、天窓があればたっぷり光を取り入れられます。
通風効果も高く、天窓の利用で換気量が約4倍に増えます。
水まわり
水まわりキッチン、浴室、洗面室など北側に多い水まわりは、冬場冷え込みやすく、ヒートショックに注意が必要です。
窓の断熱性を高めることで、部屋間の温度差を抑え、結露対策にもなります。

日陰になる北面は、冬場の冷え込みの影響を受けやすくなります。

キッチンや洗面所・浴室は湿気が多く、窓の結露対策も重要に。

特に洗面所・浴室はヒートショックに備え、Low-E複層ガラス、樹脂窓を。

四季を通じて快適に!

間取りや敷地に合せてさまざまな対策を考えたいですね。
ナチュラルハウスの家づくりでは「パッシブデザイン」の考えに基づき、光と風を効率良く家に取り込む工夫を建築士が考えています。

四季を通じて快適に!

【夏】
窓の外で日差しをしっかり遮りましょう。
断熱性の高い窓で熱の侵入を抑え、時には窓を開けて涼風を家の奥まで取り入れましょう。
【冬】
窓から貴重な冬の日差しを最大限に取り入れましょう。
断熱性の高い窓で暖房熱が逃げ出すのを防ぎ、結露の発生も抑えましょう。
【春秋】
さわやかな外の空気や明るさを存分に取り入れましょう。
快適のポイントは、気温や時間帯に応じたこまめな採光・通風の調整にあります。

 

設計の相談をしたい モデルハウスについて知りたい 見学会に行きたい