ページトップへ

家の性能・構造のこと

冬の窓辺のお悩み相談

冬の窓辺のお悩み相談暖房をして部屋を暖めているのに、窓辺はひんやりして寒い!
これは、冷たい窓により室内の空気が冷やされて下降する、コールドドラフト現象によるものです。
コールドドラフトは、窓辺で冷やされた空気が、暖房によって下降気流となり足元にたまっていく現象。
空気には、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へたまる性質があります。

窓の断熱性を高め、冷気を室内に伝えにくくすることで、窓辺のひんやり感や足元の寒さが和らぎます。
断熱性能の高い窓なら室内温度の均質化がはかれ、窓辺の体感温度の差を抑えることができます。
アルミ窓(複層ガラス)と樹脂窓(APW 430)では樹脂窓のほうが窓の熱損失が約7割程度削減できるという結果も出ています。

もう1つ、寒い冬の窓辺の悩みといえば「結露」ですよね。
結露は空気中の水蒸気が冷やされて水滴化することです。
たとえば室温20℃・湿度50%の場合、9.6℃以下になると水蒸気を含みきれなくなり、窓や壁に結露が発生します。
こちらも樹脂窓などで断熱性を高めることで、発生を抑えることが可能です。

窓の性能について詳しくはスタッフまでお問い合わせくださいね。

家の性能・構造のこと