ページトップへ

家の性能・構造のこと

冬の朝の寒さがつらい…

冬の朝の寒さがつらい冬の朝、部屋が冷えきっていて、何をするにもつらい。
それは、部屋の断熱性能に問題があるかもしれません。

断熱つまり保温効果が低いと、就寝前は20℃以上あった室温が朝には10℃を下まわる場合もあります。

窓の断熱性を高めることで、室温の低下が抑えられます。
冬は屋外の冷たい空気を室内に伝えにくく、室内の暖かさを逃がさない。
夏は日射熱をシャットアウトし、室内の温度が上がりにくい。
そんな断熱性能の高い窓の工夫をしたいですね。

断熱性の高い窓なら部屋の保温効果を高め、1年中過ごしやすい室内環境を保ちます。

家の性能・構造のこと