ページトップへ

建築家 Yoshihiko Nagoshi

Profile

建築士である母親の影響を受け、福山大学にて建築を学ぶ。
建築の見識を深めるため、同大学大学院へと進学。
卒業後、建築設計デザイン事務所に所属。
ローコスト住宅から1億円を超える住宅、店舗、医療建築などを担当。
2010年より福岡オフィスの責任者を拝命。
九州エリアのプロジェクトを進展させる。
2014年より、ナチュラルハウスに入社。
現在、設計責任者として従事。

周りの環境・場所性・コスト・住む人の趣味・時間・光・風…と、 様々な要素のバランスを取りながら造られる建築物の数々。
その中でも住宅は、安らぎを与え、 家族を優しく包む「器」の様なものにしたいと考える。
またクライアントに満足していただくだけではなく、 感動を与える建築を造りたい。
そんな建築の力を信じている。

 

建築はバランスであり、
デザインとは使いやすく美しいこと。

 


高額だから良い建物ができるという建築家もいる
しかし、私はそうは思わない

なぜなら、ローコストでもよい建築はできるからだ

アイデアにお金はかからない

コスト
デザイン
利便性
強度

それらのバランスが取れたとき
はじめて、本物のデザインが完成する

 

 

妹尾:

普段は仕事の仲間だけど、今日は建築家の名越として話をしよう!
名越氏の想い描く「いい家」っていうのはどんな家かな。

 

名越:

そうですね・・・。
まずは、「コンセプトが明確に表現されている家」ですね。
お施主様が家づくりをされるときに、どんな家にしたいか、
どんな暮らしをしていきたいのか、
家に、どんな想いを吹き込みたいのかというコンセプトがある。
それをしっかりと表現できている家っていうのは、いい家だと思います。

「こうじゃなきゃいけない!」ということはないと思いますし、ゼロベースから考えられる柔軟性はないといけない。
間違っても、建築家のエゴで家づくりを進めるのは私は好きではないですね。

そして、お施主様がうれしそうに、「自分の家に誇りを持ってくれていること」「嬉しそうに暮らし方について話してくれること」
それが、「いい家」だと私は考えていますね。

 

妹尾:

名越氏みたいに実力も知名度もある程度手にするためには、
どうすればいいのか、これからのことも教えて欲しいと思うんだけど、どうかな。

 

名越:

建築家という世界は、とてもシビアな世界なんですよ。
年齢は一切関係ないですし、実績もいきなり評価されることもある。
反対に一生評価されない人もいる世界です。

ですから、誰かにアドバイスするなんてことは出来ないですね。

でも、1つだけ言えるなら、これから建築家を目指したいという方がいるのであれば、「センスというものは、あるないではなく磨くもの」だということ。

事実、私は学生時代、自分に自信が無かったんです。
その証拠に、当時の教授に、私は建築家になっていいのだろうかと相談したこともある。

その時、教授から頂いた言葉が、まさにそれなんですよ。

世界中の建築を見て回り、世界中の建築雑誌を買いあさって、毎日、上からなぞってみる。
そして、その感覚を手と脳に焼き付けていく。そこから、自分のスタイルや発想が生まれていく。それが、今の私を作ってくれたことは間違いないですね。アドバイスになってないですかね・・・。

トピックス