ページトップへ

家の設備のこと

エアコンの効きが悪いのは「日射熱」のせいかもしれません

エアコンの効きが悪い原因エアコンをつけているのに涼しくなりにくいのは、日射熱の侵入が原因かもしれません。
「日中、エアコンの効きが悪く、つい設定温度を下げてしまうんです」という相談を受けることがあります。
これは、夏の強い日差しによって、窓から熱が侵入しているからです。

簾をつって外からの日射を遮る方法、樹脂窓で熱の侵入を防ぐこと、ルーバーやシェードなど設備を取り付けて窓の外側で日射遮蔽を行うことが効果的です。
日射遮蔽とは、窓から侵入する日射を遮ること。
夏場は、外からの熱の73%が開口部から入ります。
窓の外側で熱を遮ることで室内の温度上昇を抑え、エアコンの効率も高められます。

またナチュラルハウスでは「パッシブデザイン」の考え方を行っているので、方角と日光の当たる角度を配慮し、家に庇を設け夏の激しい日差しは庇でカットアウトし、冬の穏やかな日差しは室内に取り込むなどの工夫をしています。

家の設備のこと

トピックス