ページトップへ

家の設備のこと

機能的な窓で風をキャッチしよう

機能的な窓で風をキャッチ外には風が吹いているのに、窓を開けても風が入ってこないというお悩みはありませんか?
窓の外を横切るように風が吹いている場合、引違い窓では風が取り込めないことがあります。
そんな場所には、通り過ぎる風をキャッチできる機能的な窓がおすすめです。

窓の外を通り過ぎる風をキャッチするには、窓の障子が外にせり出す、すべり出し窓で風をつかまえ、風を外に逃がす窓も付けることで、何倍も風通しがよくなります。

また、風が通らないところでは湿気もこもりがちになりますね。
特に玄関や脱衣所などに湿気や熱がこもりやすい空間には、窓に高低差をつけた重力換気を利用することで、風がなくても通風が可能になることもあります。
重力換気とは空気の特性を上手く利用した換気方法です。
暖かい空気は軽くなって上部の開口から流出し、涼しい外気は下部の開口から流入するため、風がなくても換気が行えるように設計することで自然と風の流れを作ります。

玄関なら″通風ドア仕様″を採用する、脱衣所なら"ウインドキャッチ連窓"を採用するなどサッシを上手にセレクトすれば、手軽に換気することもできます。
サッシの種類はバリエーションが豊かです。
どれを選んでいいか困ったときにはコーディネーターにご相談くださいね。

家の設備のこと

トピックス