ページトップへ

家の性能・構造のこと

木造住宅の建て方について

「木造住宅の二つの建て方」

住宅の構造の中で一番身近な「木造」ですが、その木造には二つの建て方があるのはご存知でしょうか!?一つは「軸組工法」、もう一つが「枠組壁工法(2×4)」です。
今回は、この2つの建て方をご紹介したいと思います。

まず「軸組工法」ですが、この工法は古民家や社寺仏閣で見られるような伝統的な日本建築の建て方です。
土台の上に柱を立て、その上に梁を描け渡し、斜めに筋違いを入れて補強し、壁を組んで作るものです。
この工法の特徴は、柱の位置を自由に決められるので間取りの自由度が高く、増改築にも対応しやすいということが上げられます。

それに対して「枠組み工法」とは、角材の枠に構造用合板を張ったパネルを組み立てて建物を作る工法のことをいいます。
この工法は北米で生まれた建築工法で、2インチ×4インチの角材による枠と、構造用合板を組み合わせたパネルを面として、床・壁・天井の六面体を構成するものです。
この工法の特徴としては、軸組工法のように複雑な継手を使わず釘を打って接合しますので、施工がしやすく工期を短くすることができます。

家の性能・構造のこと

トピックス