ページトップへ

内装・外装について

照明の色ってどうやってきめたらいい?

照明の色は色温度というもので表されます。
基本的には「青・白・赤」といった分類で色分けされ、そして明るさ(照度)によって心理的な不快感などが変化すると言われています。

室内の照明を考える上で大切なことは、まず「色温度を統一する」ということです。
色温度がバラバラな部屋はどうしても雑な印象になりがちで、心理的にも落ち着いた雰囲気は得られにくいです。

例えばスポット照明を使用している場合は全ての光源を同じメーカーの同じ商品に統一し、全体照明の場合でも光源ごとの照明を統一すると良いでしょう。
常に点灯させない目的のある照明、例えば机のデスクライトなどは、その目的に合わせたものをチョイスすると良いでしょう。

内装・外装について

トピックス