ページトップへ

ブログ

『パーキンソンの法則』って聞かれた事はありますか

 

 

 

イギリスの歴史・政治学者 シリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則です

人は

『時間』『お金』があればあるだけ使ってしまうという内容です

 

 

時間については

・夏休みの宿題を8月末ギリギリになって、焦ってまとめてしていた

・残業を毎日してしまう

・提出期限があるものは、いつも期限ギリギリになってしまう。

 

 

お金については

・なかなか貯金がたまらない

・おこずかいがいつの間にか無い(/ω\)

 

 

など、当てはまる内容がありますか?

ついつい余裕があると思い、時間やお金を、めいいっぱいに使ってしまう。

 

 

これは多くの人に当てはまる内容だと思います

私も・・・(/ω\)

 

 

 

ではどうすればお金が貯まるのか?

『最初から無いものとして計画する』

 

 

学資保険や財形貯蓄など、強制的にひかれる貯金などはいいですね。

 

 

時間は

・自分の期限を決める

・かならず帰らないといけない理由をつける

 

などです

 

ちなみに私は

ストップウォッチを片手に時間を図りながら仕事をするのがおススメです

1つの仕事を15分などで決めてすると、結構効率よく仕事が進みます

 

常に時間を意識しながら、期限を決める

 

 

この法則は家づくりでも当てはまります

期限を夫婦で決める事

 

『子供が小学校に上がるまでには建てたい』

と思っていても

いつの間にか小学校に上がってしまった・・・

 

そんな事はよくある話です

 

 

期限を決めてスタート

大切な事だと思います