ページトップへ

ブログ

「事故」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

 

交通事故が多く上がると思います。

車が移動手段で一人一台の生活ですし、高齢ドライバーの増加等、

交通事故が多く発生する要因はたくさんあります。

そのほかには最近全国で多発している自然災害の事故や、

子供の遊びの中での事故も挙げられます。

 

ここで私が挙げたいのが家の中での事故です。

とあるアンケートで

「戸建住宅で事故が起きやすそうな箇所はどこでしょうか?」

と質問したところ、上位に階段お風呂キッチンと挙がりました。

 

 

しかし、実態はというと、圧倒的に居室(部屋の中)が一番でした。

事故が起きやすそうなところは、親御さんが注意してみたり、

危険なところに入らないように柵を設けたりと対策が取られる一方、

居室(部屋の中)は目を離しやすかったり、危険が意外と多かったりと

事故が起きて、怪我をしてしまうことが多いようです。

 

そういった事故を防ぐ対策として、家の間取りによる事故防止があります。

目を届けやすい対面キッチンにしたり、おもちゃが散らばって転倒しないように収納を適所に

設けたりと工夫することができます。

 

家づくりで重視したいお子様の健康。怪我や事故無く過ごしてほしいですね。