ページトップへ

ブログ

土地を購入したときと、住んでからのギャップとは?

 

 

 

 

土地探しをしている時、普通はお休みの日の明るい昼間に土地を見に行くと思うのですが、

 

 

 

もし、あなたの休みの日に土地を見ただけだとすると、住んでからギャップを感じる可能性は多いにありえます。

 

 

 

なぜでしょうか?

 

 

 

土地には朝、昼、夜とそれぞれのカオがあります。

 

あなたが休みの日に土地を見たとすると、それは昼のカオです。

 

 

 

昼の顔

 

 

特に休日の昼間は静かです。さらに昼なので日当りが良いことが多いです。

 

条件としては最高に近い条件ですね。

 

この最高の条件だけ見て土地を決めてしまうと

 

「朝は思ったより光が入らない」

 

「夜は街灯が無くて真っ暗で怖い」

 

「平日は交通量が多くてうるさい」

 

など、住んでから初めて分かったことが次々と出てくる可能性があります。

 

 

 

そうならないためにも、朝、昼、夜の土地も1度見ておいた方が良いです。

 

 

 

時間が許すなら、駅やスーパー、学校などの今後生活する上で良く通いそうなところも歩いてみると新たな発見が見えてきます。

 

 

何より、土地によく行くと愛着も湧いてきます!!

 

ぜひ、土地のいろんなカオを見てみて下さい。