ページトップへ

ブログ

住宅ローンについて勉強を始めると、

『返済負担率』という言葉が
目に留まるのではないでしょうか?

 

これは、

年収に対して、住宅ローンの負担がどれぐらいの
割合を占めているかを表すものです。

 

例えば、年収500万円の人が、
住宅ローンで月々10万円を支払うとすると・・・


10万円×12カ月=120万円(年間の住宅ローン支払い額)

となります。


よって、返済負担率は、

120万円÷500万円×100=24%

このように計算することができます。

 

 

ちなみに、この負担率、
支払いの妥当性を確認する指標ですが、

銀行の審査基準は、

35%以内なら貸出OKと明記されていることも多いです。
(※年収や金融機関、その他条件により、30%以内など、
負担率の基準は、変わりますのでご注意ください。)

 

年収500万円の方にとって、負担率35%というと・・・

年間175万円。

175万円÷12カ月=月々145,833円



計算上は、そうなりますが、現実的ではないように思いませんか?



また、住宅ローンのアドバイスで多いのは、

『負担率25%を目安にしましょう!!』という内容ですが・・・・・・



これもあくまで指標にすぎませんので、
25%以内なら安心と思いこむのは危険です。


いずれにしても、

支払いの指標になる『返済負担率』という言葉は、
理解をしておく必要がありますが、

あくまで指標だという事もあわせて、
ご理解いただければと思います。





昨日は、残念でした。。。

早く決まってほしいものです。