ページトップへ

ブログ

そもそも断熱とは・・・

 

名前の通りですがつとかいて断熱

 

夏涼しく~冬暖かく~過ごす上では、必須アイテムです(*^▽^*)

 

 

という事で・・・

 

一般的に使われている断熱材のメリット・デメリットをお伝えします

 

■グラスウール

 

 

★メリット

・原料が不燃性であるため、耐火性能が高い

・流通量が多く比較的安価

・吸音材としても使える

 

▲デメリット

・断熱材の脱落が起きないように施工に注意が必要

・気密工事にはあまり向かない

・施工する人によって性能にバラつきが出やすい

 

 

 

■セルロースファイバー

★メリット

・断熱材が隙間無く施工できる

・古紙が原料なので、製造エネルギーが少ない

・吸音してくれるため、外の音を室内に伝えにくい

 

▲デメリット

・値段が高価

・抑えのシートを傷つけると断熱が溢れだすので注意が必要

・リフォームの際には注意が必要

 

 

 

■押出法ポリエチレンフォーム

 ★メリット

・断熱性能が高い

・吸湿しにくいため、濡れても性能の低下が無い

・施工が簡単

 

▲デメリット

・値段が高価

・EPSボードと比較すると時間が経過する事による性能低下が大きい 

 

 

 

■ビーズ法ポリエチレンフォーム(EPSボード)

★メリット

・断熱性能が高い

・性能低下が少ない

・吸湿しにくいため、雨にぬれても性能低下が少ない

 

▲デメリット

・熱に弱い

・外壁の仕上材に重たい材料が使用できない

 

 

 

■発泡ウレタン

 

 

★メリット

・断熱性能・気密性能が高くなる

・施工性が高い

 

▲デメリット

・熱に弱い

・グラスウール等に比べると高価

 

 

 

などなど、断熱材によってメリット・デメリットは様々です

家で快適に過ごし、日々の光熱費を安く抑える為には、必須工事です。(*^▽^*)

 

 

 

 

しっかり確認しながら進めて下さいね(*^▽^*)

 

ではまた(^^)/~~~