ページトップへ

ブログ

桜の咲く季節となりましたね。

皆様はお花見等されていますでしょうか?

春の暖かい気候となりましたね。

こう暖かいと外へ出てのんびりしたいですね。

 

そういったときに、家から外出せずにアウトドア気分を味わえるのが

ウッドデッキです。

 

よくお客様からウッドデッキのご要望を聞きます。

やはりマイホームができるとウッドデッキつけたいですよね。

 

私もマイホームを建てた後にに妻の憧れだったウッドデッキを設置しました。

でも、お客様からはメンテナンスのことを同時に聞かれます。

設置したいけどすぐ木が痛むんじゃない?とか。

私もそういった疑問が当初ありました。どうなのかな?大丈夫?という感じで。

 

 そこで設置していただいた外構業者さんに説明してもらいました。

 

私の場合、毎年、お盆期間中に丸1日かけてメンテナンスを実施しています。

まずはデッキブラシで水洗い、特に汚れが気になるところは紙やすりで削ります。

水分が乾いたら、ホームセンターで普通に売っているウッドデッキ用の塗料を満遍なく

塗ります。また、乾いたら2度塗り。という感じで年1回のメンテナンスを行っています。

 

それが面倒と取るか、楽しい時間と取るか、人それぞれです。これもマッチングです。

私の場合、一人で集中して行いますが、お子さんや、家族と一緒にやっても楽しいでしょうね。

するとより愛着を持ったお家になってくると思いますよ。

 

ちなみにナチュラルハウス社屋も大きなウッドデッキを設置しています。

先月、アフター担当の山本さんが塗ってくれてメンテナンスをしてくれました。

ありがとうございました。

社屋にお越しになった際はメンテナンスされた

ナチュラルハウスのウッドデッキにも注目してみてください。